2017年6月24日土曜日

東海道53次ノツヅキ⑯

東海道53次のツヅキ⑯

~二川宿から吉田宿をへて御油宿まで~

前回のお話はこちら

東海道53次の続きを歩いてきました。

今回の東海道は今までの中で一番ある意味過酷だったかもしれません。 では、さっそく。

前回、ようやく愛知県入りした東海道53次。

朝7時頃の新幹線ひかりで東京駅を出発し、向かうは浜松へ。

浜松から前回の終着点二川駅へと東海道本線を乗り継ぎます。

浜松から乗換、東海道本線の豊橋行きに乗り込んだところで車内アナウンスが。

どうやらこの先向かおうとしているまさにその駅 二川駅~豊橋駅の間で人身事故発生と。

えええええ・・・・・

乗車している電車は途中の新居駅止まりとの事。

どうしよう・・・ 二川駅までは他に沿線も無く、運転再開は見通しがたってない様子。

とりあえず、そのまま電車に乗って新居駅まで。

新居駅で降ろされ、スマホでバスで行けないかとか色々検索してみたのですが・・・ 

とりあえず新居駅を出て、駅前にバス停があったので、豊橋方面のバスに乗り込む。バスの本数もとても少なく、不安で胸がいっぱい。

GPSを見つつ、バス停の検索をしたまましばらくそのバスに乗っていましたが、結局 二川駅まで乗り継げるバスは無く、途中で下車。

下車した場所から2キロほど歩き、結局東海道線まで戻ってきました。

戻った駅は東海道線鷲津駅。

先ほど降りた新居駅から1駅しか移動していなかったので、無駄に疲労しました。

駅に戻ると、まだ電車は動いておらず 駅の中や外で みんな立ち往生している様子。

私もいきなり疲れたので、もう移動はあきらめて運転再開まで待つことに。

今回の東海道では愛知在住のお世話になっている方にお昼に会う約束もしていたのですが、電車の再開時間が読めず、時間的にも厳しいかもしれない旨LINEで連絡を取り、私の気持ちもどんどん萎えていきました。

なにもこんな日に人身事故なんて・・・ しかも日帰りなのに・・・ 新幹線代もばかにならないのに・・・

せっかく朝早い新幹線に乗ったのに、時刻は10:30過ぎ 本当だったらとっくに歩き始めている時間・・・ 考えれば考えるほど萎えます。

結局運転が再開し、二川駅に着くころには11時を過ぎてました。

2時間ほど押しています。

すっかり気持ちは東海道を歩くテンションでは無くなっていたのですが、ここまで来たし・・・ 歩くか・・・。 と 重い足取りで歩き始めました。

二川駅前を西へ向かう。


目印の道標があります。

その先交差点のところが火打坂。

坂を上り、登りきった先を左へ。国道1号と並走して歩く・・・・ のですが、どうやら道を間違えしばらく北側に向かい歩いてしまう。

げ、間違えてる・・・!と気が付いた時には結構北側へ歩いてしまっていて、気持ちもまた暗くなります。(笑)

スマホのGPSで自分のいる位置を確認して、とりあえず国道1号方向へ戻りました。

さて、東海道53次、二川の浮世絵。


これは豊橋へと向かう丘陵地帯をゆく旅人が描かれているのですが、道に迷っている私の写した現在がこちら。



本来だったら国道1号方向にもどり、しばらく続く旧道を写せばよかったんですが、すっかり気持ちも落ちてしまっていたので 間違っている方向を歩いているのにパチリ。
まぁ、道に間違うのもここのところはあまり無かったんですが・・・これも思い出か。と言う事にします。

***

やっとこさ旧道に戻るとちょこっと案内もありました。


そっか、こっちの道だったか・・・と 歩いて来れなかった先の旧道を振り返る。

なんだかついてない日はとことんついていない日なのです。
まさに今回の東海道はそんな感じでした。(道を間違えたのは自分のせいですが)

ここで、愛知県在住のお会いしたかったM氏より連絡が入り、ちょこっとだけでも会えそうな感じに。

この先で待っていてくださっているようなので、スマホのバッテリーが8%しかなく 慌てて充電をしつつ 旧道を先へと向かいます。

***

なんとか合流出来てランチを一緒にとり、今までの散々な感じをわーっと 話して、だーっと食べて わーっと解散。 忙しいところ時間を割いて下さって申し訳無かったですが、久しぶりにお会い出来て嬉しかった。

がんばってね!と送りだして頂き、ようやく テンションも持ち直してきました。

炎天下の中、日焼け止めをし直しつつ、また歩き始めます。

旧道は国道1号と重なり、ひたすら西へと向かいます。

途中一里塚はあるはずなんですが、なぜか見つけられず。もくもくと歩く。

東八町交差点まで差し掛かると道路脇に東惣門の模型があります。


惣門は、城や主要な街道の外郭に建てられていて、ここには見張りの人がいて監視をしていたようです。

この先の街道はかつての吉田城を思わせるような、屈折した道なりとなります。

地図を見つつ、左折したり 右折したりを繰り返し進んでいきます。

途中路面電車の線路をまたぎ、先へ進むと吉田宿本陣あとがあります。


本陣跡の場所にうなぎ屋さんがありました。


うなぎ、食べようかな と少し考えましたが、ランチを取ってまだ時間もあまりたってなく 無理には食べることも無いか・・・と また歩きはじめました。

街道は、その先「湊町神明社」の角を右折。豊川にかかる橋を越えます。

さて、ここで 浮世絵 東海道53次「吉田」。


奥に見えるのはおそらく現在だと「吉田大橋」だと思いますが、位置的にもう少し左手がわを私はあるいているので、そこから 現在のようすとして写真を撮りました。

現在の様子がこちらになります。


橋を渡る手前に、お菓子やさんがあり みかんのシャーベットがあったので ここでしばし休憩。

店内でシャーベットを食べ 少し足を休めてから 橋を越え、その先の御油宿へと向かうのでした。

豊川を越え、またひたすら西へと続く旧道。

途中に瓜郷遺跡があったので寄ってみました。



昭和11年の道路拡張工事で貝塚が発見されて、出土した土器から弥生時代の遺跡である事が判明。 何度かの発掘調査をへて国指定の史跡となったようです。

遺跡の脇にベンチがあったので腰をおろして 当時の生活を考えてみました。

弥生時代からはじまった日本の稲作ですが、この当たりでも 畑や稲を作り 狩りをして、また当時の海岸線よりさほど遠くない場所に集落があったそうなので 漁業もおこない、生活をしていたんだなぁ・・・と思いを馳せました。

***

遺跡をあとにし、その先 豊川放水路を越え(ここは歩道が確立されておらず歩くのがとても怖かったです。 車の交通量も多いので)

JR飯田線の線路を越えやがて国道1号と合流し、名鉄線の線路を更に越え西へと歩きます。

ここでまた少し迷いました。 今回は「なんとなくこの道が旧道だろう」といったカンが全く働かず(笑)本来の方向音痴をいかんなく発揮していたように思います。

幸い、あれ?違うかな?と気が付くのが割合はやめだったので、歩く道の修正は早めにできました。。

途中国道1号と旧道は少し離れますが、旧道沿いに「大社神社」があるのでそこを目印として歩く。



大社神社にはこいのぼりが掛けてありました。

大社神社の先、姫街道と交差。

姫街道とは 少し前に通ってきた見附宿から、浜名湖の北側を経由して御油宿まで続く60㌔の街道で、浜名湖の南側が通行できなくなった場合の迂回路だったり、本当かは不明ですが女性が多く歩いたとされる街道だそうです。


姫街道の脇に常夜灯もありました。

その先、音羽川を越える。


夕方のそよそよ吹く風が気持ちよく、しばし川を見てたたずむ。

その先には、高札場跡。


ここで右折してその先に問屋場跡。


ちょうどこの当たりが、御油宿の横町となります。

と、いうことで 御油宿到着!

本来であれば、その先赤坂宿まで歩く予定でしたが、時間的に御油宿でタイムリミット。
朝の遅延さえなければ・・・と もやっとしましたが、今回の旅路はここで終えることとしました。

かつての宿場の中心はその先を左折した場所になります。

最後に浮世絵東海道53次 「御油」の紹介を。


旅人を自分の宿へとひきとめてるなんだかユーモラスな浮世絵。

現在の様子はこちら。


この先左側にかつての本陣があったので、かつては御油宿のメインストリートとなっておりました。

***

さてさて、名鉄名古屋線の御油駅から豊橋経由で東京へと帰ります。

御油駅までは徒歩10分ほどでしょうか。

駅前に喜多方ラーメン屋さんがあったので ちょっと早いけど夕食にしてしまおうと 味玉ラーメンを注文。


さほど距離は歩けなかったものの、炎天下の中歩いていたので疲れていたのもあり、ラーメンの塩っけが美味しかったです。

***




豊橋駅の新幹線のホームから桃色にそまる空をみながら、今日の一日を振り返りました。


なんだかついて無い1日だったなぁ。。。と思いましたが、久しぶりの再会は嬉しかったし、旅の最後のラーメン 美味しかった。 

まぁ・・・こうゆうのも 思い出だよね とぼんやり思いつつ、こだまにゆられて東京へと向かうのでした。


おしまい。

2017年5月24日水曜日

さくぽんと初夏旅 修善寺へ。

ここのところ、さくぽんも調子がよく、ほっとしています。

今の時期は新緑が綺麗で、気持ちが良いので 一緒に温泉へ旅してきました。

行き先は修善寺。

修善寺は行ったことが無かったので、ドキドキ 楽しみ。

平日に宿をとったので朝の通勤ラッシュは避けるべく、地元の駅を10時頃出発する事にしました。
東京駅に着くまでの電車の中でスマホから新幹線を予約。
「ひかり」だと 結構座席が埋まっていて犬連れなのもあり空いてるほうが良かったので「こだま」で予約。 ガラガラでした。
乗車区間がさほど長くない場合はこだまの方が空いていて好きです。

東京駅から三島まで。

さくぽんは相変わらずキャリーの中でおとなしく眠り始めました。


最近 大きいかぎ針で編む 編み物を覚えたので、車内では編み物をして過ごしました。

あっと言う間に三島に到着して、今度は伊豆箱根鉄道に乗り換え。



初めて乗る電車。

30分ほどで修善寺駅に着きました。 修善寺駅からはバスに乗り換えて数分で修善寺温泉駅に到着。

時刻は13:00頃だったので、とりあえずランチにしようと犬OKのカフェまで向かいます。

修善寺の裏とおりにあるhonohonocafeはペット連れOKで店内ならキャリーに入れたまま、テラスなら犬を外に出してもOK。 せっかくなのでテラス席にさくぽんと座る。


伊豆牛のハヤシライスをオーダー。
サンドイッチと迷いましたが、美味しかったです。

食後はさくぽんと外を少しお散歩。


マーキングしても水で流せないのでマナーパンツ着用。

日差しはかなり暑かったので、日陰になっているところだけ歩いてもらって、あとはキャリーバックにIN & 抱っこで移動します。


日枝神社でまずは参拝。さくぽんはキャリーへ。


修善寺の鬼門を守っている神社だそうです。

気持ちいいなぁ としばし ぼーっとして過ごしましたが、後から調べてみたらパワースポットでした。
なるほど。

修善寺も参拝だけ さささっと。



修善寺の手水、温泉でびっくりしました。

***

その後、竹林の小径へ。



人が多すぎて、小径全景の写真が撮れなかったですが、風がそよそよ吹いて 本当に気持ちいい。 さくぽんに、来て良かったね~と話つつ歩く。






少し座って休憩しようと、桂川の脇に座れる場所があったのでしばし休憩。


キャリーから顔だけ出すさくぽん。

さくぽんの首に保冷するものを巻いてましたが、少し暑そうなので 時間がちょっと早かったけど お宿のロビーで休ませてもらおうと、宿泊先の 伊豆修善寺絆 へ向かいます。

竹林の小径から徒歩10分ほどで到着。


14:40頃だったんですが、どうぞ~ とロビーでチェックインまで待たせて頂き、涼しいロビーでウェルカムドリンクのお抹茶を頂く。



わんこOKのお宿なので、わんちゃん連れがほとんどで 色んなわんちゃんが居ました。

トイプードルを2匹連れたおばさまに、良く旅行するの?と聞かれたので、ちょこちょこ行きますよ~とお話していたら、良かったら宿を教えてほしいと言われたので、いくつか宿を紙に書いてお渡しして、しばし旅話に花が咲きました。



チェックインの時間になったので仲居さんにお部屋まで案内して頂く。



お部屋はこんな感じの和室。
御庭と反対側でちょっと残念だったけども、さくぽんは嬉しそうに室内をぐるぐる。




さくぽんが 本当に嬉しそうで、外でお散歩してても、お宿でも すごくウキウキ歩いていて私も嬉しかった。 ヘルニアの手術して良かった。鍼治療も効いているのかも。

お部屋で少しゆっくりした後、私は汗を流しに。温泉へ。


脱衣所にはリードフックがあって、犬も連れて行ってOKでしたが、さくぽんはお部屋でお留守番が出来るので、私だけのんびりと温泉を堪能。


こちらは露天風呂。

修善寺の温泉 お湯がやわらかい感じで お肌がつるつるになります。

は~ 極楽~。

温泉からあがると脱衣所に ロビーで会ったトイプー2匹が居たので、なでなでしてからお部屋に向かいます。

***

夕食の時間まで まだもう少しあったので さくぽんを連れて御庭をお散歩。


犬用の温泉、打たせ湯・足湯 なんてのもありました。


「さくぽん、わんこの足湯あるよ。入る?」と聞いたけど お風呂が嫌いなので 遠くを見てるさくぽん。(笑)


御庭にも足湯があって、ここでも飲み物を出してもらえるので、さくぽんを抱っこしたまま足湯に入り、アイスコーヒーを注文。(無料)


ぼんやり御庭を眺める。 

御庭の奥の方には 離れの茅葺屋根の特別室があります。
お値段が結構するので、私にはちょっと無理かなー。

足湯を出たら、またお部屋に戻って 夕食の時間までは、しばらく編み物をして過ごしました。

夕食は18時か18時半から選べます。普段夕食を摂る時間が遅いので出来たら19時半くらいだと良いのにな、と思いつつ 18時半から夕食を。

夕食はお部屋出しで懐石料理です。

お腹いっぱい過ぎて苦しい~!

とても美味しかったです。

夕食の後はまったりしたかったので すぐにお布団を敷いてもらい、お布団でごろごろ。

こちらのお宿はペットも布団や座布団に乗せてOKなので さくぽんも一緒にお布団でごろごろ。

お腹が落ち着いたところで、夜に温泉が男女入れ替えになるので また温泉へ。



結構お客さんが居たと思うけど、全然温泉では会いませんでした。


夕方入った方より 夜に入った温泉の方が広くて 気持ち良かった~。

星を見ながら露天風呂に浸かりました。 部屋にさくぽんを待たせていたので 大丈夫かな・・?と少し心配しつつ なるべく急いで温泉からあがりましたが、部屋に行くと 寝て待ってるさくぽん。



ふすまを開けたら 喜んで尻尾をふってきましたが、その後はまた寝てました。


お部屋にも石作りのお風呂がありますが(温泉では無いです) お部屋のお風呂は使わなかったです。

館内は夜の間はバータイムがロビーであるらしく、ジャズを聴きつつ お酒をまったり飲めたりするようです。


夜も足湯、入れるのかな? 大丈夫だったら、よる夜もさくぽんを抱っこして星を見ながら足湯に入ればよかった・・・後から思いました。


夜は12時になる前には寝て(外のカエルの鳴き声が凄くてあまり眠れず(笑))朝は6:30頃起床。

さくぽんは良く眠れた様子。


まだ寝てるさくぽんの図。

私は朝風呂に入りに行き、朝からのーんびり。

部屋に戻ると朝食です。


朝ご飯はこんな感じ。 超ボリューミー。こんなに食べれるかしら?と思いつつ、全部食べました。
ご飯はおかわりまで。

チェックアウトの11時まではお部屋でのんびりして、良くして頂いた仲居さんにご挨拶をして宿を後に。

さくぽんと朝の散歩をしつつ、少し修善寺の街を散策。

竹林の小径でゆっくり写真撮りたいな~と思っていたのですが、沢山の中国の観光客でちょっと凄い感じになってたので 竹林の小径はスルーして、指月殿へ。


伊豆最古の木造建築で、修善寺で暗殺された頼家(お風呂に入ってる時に暗殺された)の冥福を祈り母北条政子が寄進した経堂。堂内には釈迦如来像が鎮座しています。

最近は戦国時代の歴史が面白くて城を見たり本を読んだりしてましたが、この次は鎌倉時代を調べてみようかなぁ・・ ドロドロしてそうだけども。

指月殿のそばに修善寺彫のお店があり、看板猫のももこさんが店番をしていました。


ももこちゃん、今日も暑いね。と声をかけるとそばに寄ってきたので なでる。


じゃあね、と声をかけると ゆるりと歩いて行かれました。


旅ねこ。

今度旅先で出会ったねこさんの写真をフォトブックにまとめようかしら。

旅+ねこ。 なんだかいいなぁ。

またバスに乗車し、修善寺駅から三島まで。ガタゴト揺れる電車。

車窓からは雪をかぶった富士山。


電車の揺れが心地よくて、少し眠ってしまった。


この後沼津によって 行ってみたかったカフェ 「ひねもすカフェ」に寄りたかったんですが、暑かったし、さくぽんがしんどいかな?と思ったので、まっすぐ帰ることに。 今度また修善寺に来るときのお楽しみとして残しておく事にしました。

三島からまた「こだま」で びゅーんと東京へ。

涼しい車内でさくぽんもぐっすり。


夕方15時すぎには自宅に帰ってきました。

修善寺、初めて行きましたが 凄く良かった。

新緑が綺麗で、桂川もきらきらしてて、温泉も良くて 歴史もあって。

今度は鎌倉時代の歴史を下調べしてから行こうと思います。(あまり北条が好きで無いので避けてましたが・・・)

また 今回の旅はさくぽんが本当にずっと嬉しそうに 楽しそうにしていたので、私もさくぽんを見ていてほっとしたり、嬉しかった。さくぽんが元気でいてくれると本当に嬉しい。

また一緒に旅行したいな。時期的に暑いので、今度は避暑地 軽井沢でもまた行こうかなぁと ぼんやり計画しています。